プロミス申し込み

プロミス申し込み方法について教えて!

プロミス申し込み方法は非常に多彩。
消費者金融の中でもトップクラスの申し込み方法になるでしょう。

 

インターネットから申し込みができ、なおかつ24時間365日対応となるのは非常に便利なところ。
パソコン、ケータイ、スマートフォンから申し込みが可能です。

 

契約後、その場でキャッシングがすぐにできるのは自動契約機です。
店舗とは違い無人の契約機になりますので人に会うという心配はありません。
また同じ方法として三井住友銀行ローン契約機も活用できます。
全国にある三井住友銀行になりますのでお近くにある、という方は多いのではないでしょうか。

 

相談しながら申し込みができるのは電話申し込みと店頭窓口です。
携帯電話からでも通話料は無料。
9時から21時まで対応している電話申し込みはスタッフに相談をしながら申し込みをすることができます。
お客様サービスプラザという名称で全国に21店舗もある店頭窓口。
スタッフがサービス内容を説明してくれたり、返済計画を一緒に立ててくれたりとキャッシングのプロが心強い味方になってくれます。

 

最後にあるのは郵送です。
専用の申込書がありますのでそちらに記入し郵送でのやり取りになります。
人に会うという心配がない点時間はかかることとなります。

 

これだけの申し込み方法があれば自分にとって安心な申し込み方法は必ず見つかるでしょう。
最初の砦となるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスへの申し込み、あなたならどの申し込み方法を選択しますか?

ますます大きくなる消費者金融の意義

消費者金融の意義は、お金が必要な人にとって大きなものとなっています。銀行では借り入れできない、間に合わないというときには、やはり消費者金融はなくてはならないものになっています。

 

個人としての借り入れだけでなく、事業用の借り入れとしても利用できる消費者金融もありますし、個人事業主であれば通常の借り入れを事業用として利用できる消費者金融もあります。女性が利用しやすいレディースローンや初めての方もスピーディーに借り入れできるローンなど、実にさまざまな種類のローン商品が充実していることも消費者金融の利用者の増加に拍車をかけています。

 

消費者金融はとかくイメージがよくないといわれ、なくなったほうがよい、という意見を持つ人も中にはいますが、銀行での借り入れができないという場合には頼りになる存在なのです。なくなってしまっては困るという方が数多くいるので、消費者金融は貸金業法の改正などの困難にあってもなくなってしまうということはありませんでした。

 

今後は銀行などとの提携によって、ますます消費者金融の利用者は増えていくと考えられています。さらにインターネットを利用した申し込みなども背景となって、店舗に行かなくてもよいことから消費者金融で借り入れしてみようかな、と思う人は増加するでしょう。消費者金融も利用者の裾野を広げるようなサービスを充実させたり、金利を下げたりといかに使いやすいかということを最優先させています。

 

総量規制対象外でお金を借りるには

総量規制対象外でお金を借りるにはどうしたらいいのでしょうか。貸金業法が改正され、今は総量規制の影響で借入が年収の3分の1にまで制限されるようになってしまいました。借入額に法的な制限無くお金を借りるにはどのような方法があるでしょうか。

 

カードローン、キャッシングというとプロミスやアコムなどといった消費者金融や、クレジットカードのキャッシングを思い浮かべる人が多いと思いますが、これらから通常のキャッシングを利用する場合、総量規制の対象となる借入になってしまいます。しかし、同じ「カードローン」というローン商品を取扱っていても総量規制の影響を全く受けないものがあります。それが銀行カードローンです。

 

銀行カードローンは同じカードローンという商品でありながら、同じ法律が適用されません。というのも、総量規制が定められているのは貸金業法という貸金業者に適用される法律です。この貸金業者というのは消費者金融、信販会社、クレジットカード会社などであり、銀行はこれに含まれません。よって、貸金業法下にない銀行カードローンは総量規制の影響を受けない、総量規制対象外となるわけです。

 

総量規制には除外や例外の貸付が存在しますが、通常の資金使途自由なキャッシングやカードローンを利用したい場合には総量規制の対象になりますから借入額が制限されるというのであれば銀行カードローンを利用するのがいいでしょう。銀行カードローンは金利も低金利ですし最高限度額も高いなど、カードローンとしての条件が高いローン商品ですから、さらに総量規制の影響を受けないとなると人気があつまるのも分かりますよね。

アコムの利用で在籍確認なしで契約はできる?

最初に結論です。
アコムの契約は在籍確認なしで進むことはありません。

 

在籍確認をする意味を、アコムの側に立って考えてみましょう。
例えばあなたが他人にお金を貸してくれと言われているとしましょう。
しかも家族でもなければ友人でもない、同僚でもなければ知り合いかもしれない、という程度の存在です。
はっきりと言えばお金を貸したくはないでしょう。
しかしお金を貸すということを前提として考えてみてください。

 

本当に貸した金額を返してくれることができるかどうか知りたいとは思いませんか?
働いていない状況であれば返済は確実には行われないことは容易に推測ができます。
本人には常に連絡がつく状況にしておきたいもので、やはり携帯電話の番号だけでは心配です。
住所も氏名もはっきりと確認するために免許証などを見せてもらうでしょう。
そして働いているといったところでそれが信用できるかどうかは怪しいところです。
勤務先に本当に勤めているのかを確認したいとは思わないでしょうか。
それが在籍確認です。

 

信用していない、ということではありません。
信用がない状態、と考えましょう。
初めて借入をするのであれば当然、これまでのやり取りはありませんのでアコムからの信用は無い状態です。
情報を提示することは当然のことであり、さらにそれが本当のことなのかどうかを確認するために本人確認書類や在籍確認が行われることとなります。
つまり、これらを無視して契約をすることはできないということです。